おはぎ ぼたもち あんころもち

今日はお仕事の関係で銀座に行ってきました。

ちょっと時間があったので、

前から行きたかった、”GINZA SIX”を覗いてみました。

IMG_3375.jpg

建物中央の大きな吹き抜けには、

クジラさんが泳いでいました。

なんでだろ? なぞ




ぐるっと一回りしてみた。

かわいい服いっぱい

しかし、お値段が...

手が出ない。

見るだけでお仕舞。



6階(だったかな?)に

蔦屋書店があったので

お家の本でも見ようかなと

建築コーナーに行ったんですけど

アート系の本が多くて

実用的なものがなかったよ。

それはそれで、読んでて面白いんだけど

今、私が求めているのじゃな~い。




GINZA SIXを後にして、銀ブラ...

美味しそうな、お店がいっぱい

ケーキ屋さんとか

外国のお菓子のお店とか

パン屋さんも、けっこう有るのね




そのなかで、気になったのが

”和菓子屋さん”

店頭のショーケースに鎮座しておりますのは

丸くて黒いもの

とても美味しそう。


仙太郎


三越にある、仙太郎さん。



買って帰りたかったけど

職場に戻らないといけないから

今日はあきらめた。







ふと思った

この食べ物の名前はいったい・・・

”おはぎ”?

”ぼたもち”?

実家の方では”あんころもち”と呼んでた記憶が...





気になったので調べてみた。

季節によって呼び方が変わるのね。



いろんな説というか、言われがあるみたいだけど

わたしは、この話が気に入りました。




春:牡丹餅(ぼたもち)

春のお彼岸の時期に咲く牡丹に似ているから『牡丹餅』


夏:夜船(よふね)

杵を使って餅を搗かないでも作れるから
音がしないないため、
いつ餅を、搗いたのかわからないことから
”搗き知らず”
夜は暗くて、
いつ船が、着いたのかわからないことから
”着き知らず”
”搗き知らず”と”着き知らず”を掛けて『夜船』


秋:御萩(おはぎ)

春のお彼岸の時期に咲く萩に似ているから『御萩』


冬:北窓(きたまど)

夏と同じように言葉遊びから生まれた呼び方
北を向いた窓から月が見えないことから
”月知らず”
”搗き知らず”と”月知らず”を掛けて『北窓』



なんか風流で良くないですか?

日本人に産まれて良かったなぁ...

と思った出来事でした。


この記事へのコメント